命 -life- 展

虫は
万物、自然の化身であり
虫の在り様は
森羅万象 そのものである

そして我々人間もまた
その自然の一部分であって
彼等と繋がって生きて来たのです
身辺の虫たちや草木に眼を向ける事は
自然を間近で感じる事であり
同時に自分自身や人間を知る事だと
想うのです。

小林和史

展示情報

2018年1月6日(土)〜4月15日(日)

土日祝のみ
11:00-17:00(最終入場16:30)

【入館料金】500円(税込)

過去の展示情報はこちら

伊勢外宮前

施設情報はこちら

小林和史

美術家 / ARTIST

一枚の紙から切り出される昆虫

「昆虫はどこにでも居ます。ただ、私たちが気が付かないだけなのです」

毎日を慌ただしく生きている私たちは、些細な命の存在になど殆ど意識を向けません。
太古から生存する昆虫たちは、自然の化身とも云えます。彼等の存在に気が付く事は、同時に私たちも孤立した存在ではなく、彼等と同様に大いなる自然の一員である事に気が付く筈です。

神楽サロンでの展示では、歴史ある建物内部に直接、紙の虫たちを、まるで活きているかの様に設えます。
しかも月日が経つ程に段々と数が増えたり、また様々な変化を遂げたりもします。その静かな存在に対して、ある方は気が付き、またある方は意識なく素通りするかも知れません。
恐らくですが、気が付いた瞬間に貴方の意識は研ぎ澄まされ、自身のなかに潜む何かを発見するかも知れません。
私たちの日常とは実はそんな些細な奇跡の出逢いの連続なのだと思います。

プロフィール

小林和史

Kazushi Kobayashi

美術家 / Artist

3歳の時より独学で、一枚の紙からハサミにより「昆虫と共生する世界」を創作、演出し現在に至る。 またそれらが独自の「自然観」となり、様々なクリエーションの原点となっている。 [1983〜88年]パリコレクションデザイナー、プロダクトデザイナー(株)三宅デザイン事務所。[1988年]独立、本格的に各地でアーティスト活動を開始する。[2001年] outsect設立、アート、舞台、CM、映像ムービーなどの演出、美術、コスチュームデザイン等を手掛ける。また、HOMME PLISSE(ISSEY MIYAKE)・メゾンエルメス・CHAUMET(ルイ・ヴィトン)・SONY・蔦屋代官山T-SITE、蔦屋家電などの施設アートディレクションに携わる。美術家としては、毎年、国内外のギャラリーや施設等で新作を発表し続けている。

- 近年の個展/イベント展示 -

2012 BARBARA RUETZ 現代アートギャラリー (Munchen/ドイツ)
2013 Zeedijik アートフェア (Knokke/ベルギー)
2013 Axel Pairon アートギャラリー (Antwerp/ベルギー)
2014 画廊翠巒 (前橋/群馬)
2015 Gallery リトルハイ (中野/東京)
2016 リアリティ ラボ ISSEY MIYAKE(青山/東京)
2016 ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE(船場/大阪)
2016 渋谷パルコ エントランス(HOMME PLISSE) (渋谷/東京)
2016 渋谷西武「ダーウィンの書斎/小林和史展」 (渋谷/東京)
2017  神楽サロン「小林和史常設展」(伊勢神宮外宮)
2017  CHAUMET(ルイ・ヴィトン/赤坂クラシック・ハウス)

- 彫刻作品受賞暦 -

第24回 「上野の森美術館賞」受賞 /
日本の象牙彫刻展(高円宮親王殿下より授与)

- 映像作品受賞暦 -

第23回 東京ビデオフェスティバル /
ゴールド賞受賞

第23回 PFF ぴあフィルムフェスティバル/ 準グランプリ受賞
(オランダロッテルダム国際映画祭、ドイツオーバーハウゼン短編国際映画祭、アメリカテキサス映画祭 など招待上映)

Kazushi Kobayashi

Artist, Designer, Art director

"Creation is the work to instantly figure out three-dimensional object by cutting a sheet of paper with scissors and fold it. The theme of creation are the vividly brilliant moment and deep emotion. The work carries a hidden story colored by myths. INSECTS are playing like human on this little stage."

KAZUSHI KOBAYASHI has started his creation was three years old.His experience has influenced his own vision of nature: it has grown into the way of his consideration.It forms the basis of subsequent his art and design creativity. Awards majority.

He joined MIYAKE Design Corporation, had as fashion and product designer. PARIS COLLECTION in 1983 - 88. He established "outsect" in 2001. He works for stage. Commercial films, images as art director and costume designer. On the other hand, he is involved with Maison HERMES, CHAUMET(LVMH), SONY, TSUTAYA and ISSEY MIYAKE etc. as artist and art director. As artist, he also shows his latest works at Art Galleries and institution in and outside Japan every year.